2月27日(水)ユニバーサロンアクセシビリティーセミナー2013

ユニバーサロンアクセシビリティーセミナー2013
「坂村健の目」トークセッション

ユニバーサル、フリー、オープンで実現するユビキタス社会

毎日新聞ユニバーサロンでは98年の開設以来、誰もが使いやすいユニバーサルデザインの最新技術やサービスを紹介するアクセシビリティーセミナーを開催してきました。これまでにグーグルのプロダクトマネージャー、アンジェラ・リー氏や音声認識技術大手のアドバンスト・メディア、鈴木清幸会長、NII(国立情報学研究所)連想情報学研究開発センター長の高野明彦教授やW3C/WAIメンバーのマイケル・パチェロ氏など最先端テクノロジーを牽引しながらユニバーサルの視点を見据えた多彩なゲストをお迎えして大きな反響を呼びました。

今回は、TRONプロジェクトリーダーの坂村健・東京大学教授をお招きします。TRONプロジェクトでは、「人と物、物と物」をつなぐため、オープンテクノロジに基づいたユビキタス技術開発を行っています。

「人と物、物と物」をつなぐ連携基盤により、効率とユニバーサル社会の両立が実現します。

例えば、家電とスマートフォンが連携できれば、スマートフォンの音声認識機能で家中のコントロールもできます。汎用の連携基盤があれば、プログラムだけで従来困難だった多くのことが容易に可能になるのです。

本セミナーでは、障害者・高齢者支援を支える最新のデジタル技術、およびTRONが実現してきた最新のユビキタス技術の理念や成果を紹介します。あわせて、その推進と普及に必要な体制や制度設計に至るまで、幅広い視点からユニバーサル社会の実現のための諸問題を論じていきます。

詳細はこちら

カテゴリー: NEWS